ユーザーの声

​実際に使用された医療関係者の声

横浜市立大学大学院
医学研究科 消化器・腫瘍外科学
教授

遠藤 格 博士(医学)

 

最初見た感じが、ロボットロボットした感じかと思ったのですが、関節が自由に動けるので、全く抵抗感がなくて、自由に歩けることが驚きでしたね。非常に自由な感じがしました。後ろに倒れちゃうんじゃないか、という潜在的な恐怖感が、半固定のような状態にはあるのですが、それがないですね。非常に安定感があります。我々の手術には8時間や12時間かかるようなこともあるのですが、その場合、ほとんど座っている状態なので立って12時間と、座って12時間は全く疲労感が違うと思います。

四谷メディカルキューブ
減量・糖尿病外科センター
センター長

笠間 和典 医師

 

とにかく、圧倒的に楽です!手術の助手・カメラの時に使用しましたが、非常に安定しています。私は腰が悪くて、手術の時はいつもコルセットを巻いているのですが、それが「座れる」という状態になると、腰への負担がすごく楽になります。座っている状態なので、全体的な安定感が高くなっています。あとはもちろん「歩ける」ので、助手からカメラに交代するのも簡単にできたことがメリットだと思います。

東邦大学医療センター 大森病院
外科学講座 一般・消化器外科
准教授

大塚 由一郎 博士(医学)

 

初めて座った瞬間、ふわっと座れたと言いますか、楽で気持ちがいいなと感じました。そばで見ていた先生から、「風呂に浸かった時のような顔だったよ」と言われました。座っていることで、腰の負担が減ります。結果的に「手元が安定する」と感じました。手術台に密着することができますので、「体勢の微調整が可能である」ということが単に椅子に座るのとは、大きく違う点と思います。

専門家の声

​共同開発パートナー

自治医科大学
メディカルシュミレーションセンター
センター長

兼務/自治医科大学附属病院
消化器センター・外科部門
教授

川平 洋 博士(医学)

 

鉗子(かんし)の先端数ミリでの動作が求められる腹腔鏡下手術では「体幹の安定」が手術の安定性に大きく影響を及ぼします。長時間の中腰姿勢でも筋肉に負担を与えずに「歩く・座る」を繰り返すことが可能なarchelisによって、術中の安定動作の向上が実現できると考えます。さらに医療従事者が抱える特殊な環境での中腰姿勢をサポートできる器具として、可能性を感じています。

東京医科歯科大学

生体材料工学研究所
生体機能修復研究部門
バイオデザイン分野
教授

中村 亮一 博士(工学)

 

膝の角度を固定し脛と大腿部の広い面積で分散して体重を支えることで、疲労軽減と安定した姿勢保持を実現しています。また、片足ずつ独立したセパレート設計により、姿勢に合わせて自由なスタンスで座ることができます。

アルケリスは、今までにない全く新しい製品および技術として、2020年2月にアルケリスの技術を基にJISが制定されました。(JIS B 9810「作業支援用装着型下肢支持用具の構造と試験方法」)

今後、さまざまなシチュエーションで幅広く活用されることを期待しています。

西村拓紀デザイン株式会社

CEO

デザイナー

西村 ひろあき

 

◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△◯□△

 

Copyright© Archelis Inc. All rights reserved.

  • Facebookの - 灰色の円
  • YouTubeの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円